脂肪吸引.com トップ > 脂肪吸引方法による徹底比較 > 施術方法別リスク

施術方法別リスク

脂肪吸引に伴うリスクから身を守るために

脂肪吸引の治療を受ける際に心配されるのが、「リスク」に関することです。「切らない脂肪吸引」と「切る脂肪吸引」はどちらも部分痩せに高い効果がありますが、それぞれにリスクがあります。脂肪の取り残しや、皮膚のたるみやデコボコ、効果が出ない・・・など、そのようなことにならないためにも、脂肪吸引について知っておくことが大切です。ここでは、2つの脂肪吸引の方法にあるリスクと、それを防ぐためのコツを紹介します。

切らない脂肪吸引のリスク(失敗例)

効果がない・感じられない
1度で脂肪を除去することが難しく、また効果が出るまでに時間を要するので、人によっては効果がないと感じてしまうことも。何度受けても効果が現れないときは、医師の腕が悪いか、肥満の原因が脂肪以外ということが考えられます。
皮膚が変色してしまった
アザが出来やすい体質の人に多くある症状ですが、まるでアザが出来たように皮膚が変色してしまうことがあります。部分痩せ出来ないからと何度も治療を受けると、症状が起こりやすくなります。あらかじめ医師に相談しておきましょう。
ボトックスによる筋力低下
部分痩せしたい部位の筋肉の働きを抑制し、一時的に痩せる効果を生み出しますが、正しい箇所に注入出来ないことで他の筋肉に影響を与えてしまうことがあります。筋力が落ちることで、生活に支障をきたすこともあるのです。

切る脂肪吸引のリスク(失敗例)

脂肪を取り過ぎてしまう
脂肪吸引は、残しておく脂肪の量と、仕上がりのバランスを考えながら吸引していかなければなりません。脂肪を取り過ぎてしまうと体にしびれが起き、バランスが悪くなってしまいます。また、健康状態に害を与えてしまうことも。
吸引した部分の肌がデコボコになった
脂肪をムラなく綺麗に吸引することが出来ず、体に残してしまうことで、皮膚がデコボコになってしまう可能性があります。こうしたトラブルの原因のほとんどは、医師の技術不足や経験不足によって起こるものとされています。
吸引した部分の皮膚がたるんでしまった
直接脂肪細胞を除去することで、皮膚がたるんでしまうことも。特に、妊娠線がある人や、もともと皮膚にたるみが生じているという人は、脂肪吸引をすると皮膚が元に戻らず、たるみが残ってしまうということが多くあります。
思っていたほど効果が現れなかった
皮下脂肪を除去することで部分痩せの効果を実感出来ますが、原因が皮下脂肪ではなかった場合、効果を実感することは出来ません。また、医師と意思疎通が出来ていなかった場合も、効果が現れにくくなってしまいます。
吸引した部分の感覚がなかなか戻らない
カニューレを挿入して部分痩せをした際、カニューレの振動により他の細胞を傷つけてしまうことがあります。これによりしびれを引き起こしたり、感覚が戻らなかったりといった症状が現れます。症状は長期間続くといわれています。

失敗しないで部分痩せを成功させるコツは?!

脂肪吸引で起こるトラブルのほとんどは、医師の技術力と経験がないことで起こります。部分痩せ成功のためには、脂肪吸引に関する知識や技術、豊富な経験のある医師に治療をしてもらうことが大切です。こういった医師を探す際は、美容外科のホームページや口コミを活用するのが最適です。在籍している医師の実績を確認でき、実際に利用した人による医院の評価も見ることが出来ます。また、カウンセリングと治療をする医師が同じということも、脂肪吸引を成功させる秘訣です。患者の体質や状態によって効果に差が出てしまうので、治療を担当する医師としっかりカウンセリングしておきましょう。技術と経験のある医師を見つけ、リスクを防ぎましょう。
部分痩せ脂肪吸引を成功させるならこのクリニックがおすすめ