脂肪吸引.com トップ > 脂肪吸引方法による徹底比較 > 施術方法による比較

施術方法による比較

「切る」と「切らない」で選べる脂肪吸引

脂肪吸引は「切る」タイプと「切らない」タイプに分けられます。「切る」タイプは脂肪を減らしたいところに管を通し、原因となる脂肪細胞を吸引します。劇的なダイエットを望む人に勧められる施術です。一方「切らない」タイプは痩せたい部分に特殊な機械を当て、脂肪細胞を破壊してくれます。部分痩せを希望する人や休養を取りたくない人に勧められます。どちらにもメリットがあるので、脂肪を取り除く部分によって選ぶと良いでしょう。

切らない脂肪吸引

切らない脂肪吸引は、メスを使って切る必要のある脂肪吸引と比べても、ほぼ同等の効果が期待出来ます。1度の施術で大きい効果は見られませんが、ダウンタイムが少ないことや痛みが少ないこと、体への負担が少ないことで人気です。また、細かい部分の脂肪吸引に適しています。徐々に効果を発揮するので自然な仕上がりで、治療を受けたと周りに知られることもありません。脂肪吸引を受けたと気づかれたくない人には最適の治療方法なのです。

施術方法 主な治療方法として、最新の吸引機器を使って脂肪を燃焼させる「ライポソニックス」、脂肪を冷やし、時間をかけて分解していくという「ゼルティック」、注射1本で脂肪を溶かしてくれる「脂肪溶解注射」などがあります。他にも、マッサージ感覚で受けることが出来る「ヴェラシェイプ」、「エンダモロジー」は、特殊な機器やボディスーツを利用するもので、リラックスした状態で効率良く脂肪を除去していきます。切開不要なので、安心して受けられます。

切る脂肪吸引

切る脂肪吸引に、抵抗を感じる人は少なくありません。しかし、この施術は、1度で大量の脂肪を除去出来るというメリットがあります。また、細かい脂肪まで除去出来るので、見た目を一気に変えたいという人に適しています。切る脂肪吸引の場合は、再び太るといった心配もほぼ要りません。ただ、皮膚を切開するため、医師の腕次第で仕上がりが全く違ってきます。確実に痩せ、仕上がりも綺麗にしたいなら、技術の確かな医師を選ぶことが大切です。

施術方法 脂肪を除去したい部分にメスで切開し、吸引管を入れます。そして、脂肪を吸引し、部分痩せをするというのが一般的な施術方法です。吸引管を挿入する位置は、どのパーツの脂肪吸引をするかによって異なります。二の腕であれば「肘の裏側」、お腹であれば「おへその上」、ふくらはぎなら「膝の裏側」から挿入して、脂肪を吸引するのが基本です。自分が部分痩せしたいと希望する箇所に、適している治療機器を選ぶことで綺麗に痩せることが出来ます。

部分痩せ脂肪吸引を成功させるならこのクリニックがおすすめ