脂肪吸引.com トップ > 脂肪吸引よくあるご質問 Q&A

部分痩せ脂肪吸引のここが気になる脂肪吸引よくあるご質問

01.脂肪吸引の手術後はどのくらいの期間腫れるのでしょうか?
脂肪吸引の種類、また個人差がありますが、一般的に2週間程度だといわれています。腫れは施術を受けた当日から始まります。ケアを怠ることで期間が伸びることもあるので、より綺麗に部分痩せするためにも、適切なケアを行いましょう。
02.脂肪吸引しても、またリバウンドしちゃうことってないんですか?
脂肪吸引によって、肥満の元になる細胞自体を除去出来るため、リバウンドの可能性は限りなく低いといえます。しかし、だからといって乱れた生活習慣を送っていたり、アフターケアを怠っていたりすると、元の体型に戻ってしまうことも。
03.脂肪吸引では、どのような麻酔を使用するのですか?
麻酔には、「局所麻酔」や「静脈麻酔」、「全身麻酔」など様々な種類があります。痛みだけでなく意識まで取ってしまうもの、施術を施す部位にのみ作用するものなど、様々なものがあるので、もっとも適したタイプを選びましょう。
04.脂肪溶解注射って何ですか?
リバウンドや副作用の心配がほとんどなく、注射1本で体の脂肪を取り除けるとして人気のある脂肪吸引です。体内に注入された成分は、脂肪を溶かしたあと、やがて尿として体外へ排出されるので、安全性についても心配不要です。
05.脂肪溶解注射には副作用などはあるのでしょうか?
人によっては、施術を受けたあと、体に「腫れ」や「痛み」が起こることがあります。とはいってもその症状は軽度というケースが多く、これによって日常生活に支障をきたすようなことはほぼありません。約1週間、様子を見ましょう。
06.脂肪吸引をするとデコボコになると聞いたのですが、本当でしょうか?
部分痩せが可能な脂肪吸引ですが、部分痩せ効果を求めすぎて脂肪を取り過ぎてしまうと、肌がデコボコになってしまうというリスクがあります。信頼出来る美容外科や医師を選び、医師の指示に従って、除去する量を決めると良いでしょう。
07.脂肪吸引の施術の傷痕はどれくらいですか?
脂肪吸引にも種類がありますが、切る脂肪吸引となると、大きさに差はあれどどうしても傷跡が残ってしまいます。一般的には5~7ミリが妥当で、アフターケアをしっかり行うことで、より早く傷跡を消していくことが出来ます。
08.お腹の脂肪吸引、内蔵は大丈夫?
麻酔や機器など、体内に異物を挿入することで、内臓に傷を作ってしまうといったケースもあります。だからこそ、お腹の部分痩せのため脂肪吸引を受ける際は、ほかの部位より慎重な美容外科・医師選びが大切だといえます。
09.脂肪吸引で減量ができますか?
意外にも、脂肪はそれほど重みがありません。そのため、たとえ脂肪吸引を受けて部分痩せ出来たからといって、減量に繋がると一概にはいえないのです。メインは理想の体型作りで、減量は二の次と考えていたほうが良いでしょう。
10.お顔の脂肪吸引とプチ小顔術はどう違うのですか?
手軽さと、具体的な施術方法が違います。顔の脂肪をがっつり除去出来る「脂肪吸引」とは違い、「プチ小顔術」は極細の注射針を使って対応します。仕上がりの程度や副作用、効果の持続期間などを考え、ベストなほうを選択しましょう。