エグゼクティブが実感するコーチングの効果と必要性

コーチングを受けてワンランク上の仕事スキルが身についた

しかしながら、ここは自分をより良くするためだと理解して立ち止まらないことが賢明です。
自分はこういうスタイルでやってきたという自負で押し切れば、コーチングの意味は全くありません。
たった一人の顧客であろうと会場を埋め尽くす聴衆であろうと相手がいる場面において、自身の存在や行動が与える印象は相手の感情や認識をも左右するということを思い知らされるのは衝撃的です。
話し方では声の大きさやスピード、トーンなどを細かく指摘され、また立ち座りの姿勢などもチェック対象とされるなど、コーチングを受けてみると、日常で当たり前に行ってきたことが多いことにも気づきます。
電話口でのやり取りなど通常は自分で聞きなおすことなどありませんが、プロと一緒に聞き直し、自分の感覚とは大きく異なる受け取られ方をされていることに気づかされるというのもコーチングではよくあります。
とりたててスキルを要することでもない割に、細かく分析されてみると、まるで成績表のように良し悪しがはっきりと出るのです。
面倒な作業のようですが、こうしたことがビジネスに影響すると考えれば、いい加減な気持ちではいられません。
全てを一度に直すことは無理でも、アドバイスに従って改善してみることで手応えや反応は得られるものです。
身の回りから改善を重ねていけば自分のスタイルとして身につけられますし、折にふれてコーチングの効果と必要性を再認識する場面があるはずです。

エグゼクティブコーチングの必要性 / コーチングのプロからアドバイス / コーチングを受けてワンランク上の仕事スキルが身についた